妊娠初期に1日が長いと感じる原因を考察してみた。仕事も家事も手につかない!

妊娠6週目の現在、まだ心拍が確認できていません。前回の通院から次の通院まで2週間あるわけなのですが、毎日生きた心地がしません。何より、1日が長すぎる…!

そんなフリーライターの私が、妊娠初期に1日が長いのはなぜかを考察しました。

同じように、おなかの赤ちゃんのことや、将来への不安、体調不良などが原因で1日が長くてつらいと感じている人の心の救いになりますように。

妊娠初期の私が「1日が長い」と感じる原因を考察してみた

冒頭でもお話しした通り、このブログを執筆している現在は妊娠6週目。

5週目の検査では心拍が確認できず、「次は2週間後に来てね~」と言われました。それからというもの、毎日胸の張りが継続しているかチェックするなど、赤ちゃんが無事に育っていることを祈る日々を過ごしております。

妊娠初期のおっぱいチェックに関するブログこちらです。

※胸の張りが継続している=妊娠が継続しているという根拠はありません。

第一に「赤ちゃんがまだお腹の中にいるか」という悲しい想像をし続けていることが、1日が長く感じる大きな要因です。それも含めて、私の頭の中を整理するために考えられる原因を洗い出してみました。

妊娠初期に1日が長く感じる原因
  • 漠然とした不安、恐怖(妊娠が継続しているか、妊娠中の生活、出産、出産後のことなど)
  • 仕事に集中できない(集中力、思考力の低下?)
  • 家事をする気になれない(身体に負担をかけたくないという思いアリ)
  • 趣味(私の場合韓国ドラマ)にも集中できない(途中で不安が襲ってきて検索魔と化す)
  • 誰かと連絡をとるのも億劫(妊娠初期のため言いづらい)
  • 夫の帰りが遅い(夫に悩みを相談しづらい)

1日が長く感じる原因というか、要素を並べた感じになりましたが、

私は、今、不安と暇の無限ループに陥っているのだと考察しました。

妊娠出産に関する不安が大きすぎる→仕事や家事、趣味に集中できない→やることがなくなるので暇→時間があるので考え事をしてしまう→さらに不安が大きくなる→かと言って誰かに相談するのもちょっと億劫→やることがなくなるので暇………1日なげえ…

不安が暇を作り出す、暇が不安を作り出す、負のループの完成です。

本当は、仕事や家事で気を紛らわしたり、ネットフリックスしてリラックスしたり、家族や友人、夫と話をしてストレス発散したりしたいです。

でも、不安モンスターが私の行動を制御するので、どうしようもないのです。

妊娠中の私を襲う不安要素

では次に、私を占領している不安の塊を解体していこうと思います。負のループの根源をつぶしていくことができればいいのですが、読んでくださっている方が少しでも共感してくれたらうれしいです。

妊娠初期の不安
  • 次の検査までに赤ちゃんがいなくなっていたらどうしよう(つわり来ない、胸の張りが弱い)
  • 身体の変化への戸惑い(太りたくない、食欲凄い、眠い)
  • メンタルの変化への戸惑い(情緒不安定、涙が止まらない、動悸がする)
  • マイナートラブルへのストレス(カンジダ発症中、果物アレルギー発症中)
  • 夫との関係(不安や愚痴を言って嫌がられてないかな、性生活なくて大丈夫かな、妊娠したこと本当はどう思っているのかな)
  • 妊娠中1人で耐えられるかな(夫の転勤先なので知り合いゼロ、夫残業多め)
  • 義両親への報告はいつどうやって?
  • 出産方法はどうする?夫や家族の考えは?(自然分娩or無痛分娩)
  • 出産場所はどうする?夫や家族の考えは?(里帰りor実母に来てもらう)
  • 夫は育休取れる?育児に参加してくれる?
  • 妊娠うつ、産後うつになったらどうしよう
  • 赤ちゃん用に何を準備したらいい?お金はどれくらいかかる?
  • 収入減るけど大丈夫かな(フリーランスなので働かなければ収入ゼロ)
  • 出産前後の諸々の手続き大丈夫かな

こうして不安を挙げてみると、今すぐに考える必要のないことがほとんどだということが分かりました。

夫や家族としっかり話して決める必要があることは、出産方法や出産場所くらいでしょうか。

その他、例えば義両親への報告なんかは夫に任せておけばいいやという気になってきました。手続き周りだって、私が何とかしなくたって夫が考えてくれるでしょう。

収入の不安は考えたって仕方のないことだし、収入が減ったら減ったでそれに見合う生活をするだけ。

起こるかどうかも分からない事象(流産、妊娠、産後うつ)への心配をしたって無意味です。

今ある体やメンタルの不調はできるだけ夫や病院の先生に共有して不安を取り除けると良いかもしれません。

そういった相談ごとによって夫がどう感じるだろうか、なんて考えても仕方ないですね。

と、まあ、偉そうに整理してみましたが、すべて自分のことです。頭ではこんなに冷静に考えられていますが、そううまく切り替えられないことも分かっています。

ただ、不安に押しつぶされてどうしようもなくなったときには、次の3つを思い出すようにしたいです。

不安への対処法
  • 今すぐに決めなければいけないこととそうじゃないことを分ける(大抵のことは自分がしなくても何とかなる)
  • 起こるかどうか分からないことを考えても無意味
  • 今ある不調は誰かに共有する

これさえできれば、だいぶ楽になる気がします。

例えば、「今、情緒不安定で涙もろくてつらい」のなら、それは夫に共有してもOK。でも、「夫は育児に積極的になってくれるかな」と考えて不安になっているのなら、そんなことは分からないので考えても無意味!と割り切ることにします。

来週病院に行くまでに出産先の病院を決めなければいけないので、まず考えるのはそれだけ。それ以外は何とかなります。

ここまで、自分に言い聞かせるように不安要素を整理してみました。このブログを書いている今日は、自分のためにご飯を作ったり、お風呂掃除をしてゆっくり湯船に使ってみたり、観たかった韓国ドラマに集中したいと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました